ライカ買取

古いモデルのライカを高価で売るために

古いライカを持ってる人なら、レンズやボディで10品以上あるという人も多いはず。
なんせドイツのメーカーであるライカというのはカメラの母といわれるメーカーであり、
とっても人気なカメラメーカーです。

 

ライカのM型を買取へ出す

売る理由は人それぞれですね。
ライカをずーっと使ってきたけど、売りに出すという人もいますし、
父や祖父が使ってたライカのカメラを譲り受けたけど、使わないので売りに出す人など。

 

ライカが売れる店を探す

 

ライカ買取してくれる店を探しましょう。
家の近くに中古専門のカメラ店があるなら、そちらへ持って行くのもアリです。
ただし、いきなり持って行くのではなく、事前に所有してるライカのだいたいの買取相場を調べてから売りに行きましょう。

 

平均的な買取金額を知っていれば、売る・売らないの判断をしやすくなります。

 

自分が所有していたライカなら中古品の価値というものをなんとなくイメージできるかもしれませんが、
譲り受けたライカだとそもそもの価値が分からない人も多いことでしょう。

 

古い=安いとは限りません。

 

ライカの場合、古い機種でも数万円で取引されることが多いです。
一見すると相当なアンティークモノであっても、好きな人には価値があるのです。


 

ライカの買取相場を調べてみよう

 

ライカの買取相場を調べるなら、コチラの専門店を使うのがベターです。
ネットからカンタンに査定依頼できます。

 

必要なのは「メールアドレス」のみ

 

名前の入力は必要ですが、電話番号とか住所の記入は不要です。
だから、手軽に利用できるのがGOODです。

 

余計な情報取られるのは嫌ですね。
こういった楽に査定できるところを使うのが無難です。

 

買取相場を知ったら売りに行こう!

ライカ店頭買取

売却予定のライカのカメラ・レンズの総額を調べたら
実際に売りに行きましょう!
調べた相場以上で売らなきゃ意味ないので、
持込した店へ査定依頼する前に「●万円以上〜」と伝えちゃうのもアリですね。

 

カメラ1台や2台なら査定もすぐに終わりますが
台数多いとそれなりに時間がかかります。

 

店によってはライカの買取金額がめちゃくちゃ安いところもあるので、
最初から●万円以上〜と伝えることで、ムダな時間を過ごすことを防止できます。